今週の運勢(1週間占い) / 小さな幸せを積み重ねる【最新カード】


本日オンラインショップに掲した
レムリアンシードクリスタルの丸玉

それでは今日は金曜日

今週の運勢をお伝えします

よければ参考に行動していただきたい

私自身もかなりこのカードを意識して

1週間を過ごすようにしています

もしよろしければ 「ポチッ」と⇒ブログ村 開運カウンセリングの応援クリックを宜しくお願いします☆

まず先週のカードは

小アルカナの「Two of Swords」

頻繁に登場するソードのカードでした

ソードのカードは

固い決意を胸に秘め

ワンランク上を目指して歩み始めるのだが

思いが伝わらない

苛立ち

思い通りに進まない

歯がゆさ

辛い経験をしながらも

前を向いて進もうとするのだが

道半ばにしてThe end

どうみても

辛そうなカードですが

目の前の現実的な問題の殆どがこれですね

「思い」

これが厄介で

自分の思いと

他人の思いは違う事が殆どだということだ

自分はこう思っている

こうあるべきだと思っている

普通はこうだと思っている

しかし

相手は違う

そう思っていない

貴方ほど思っていない

この差に頭を抱えることになる

相手の為だと思ってしたにも関わらず

相手はそれほど有難く思っていない

相手も喜んでくれるだろうと思っていたのに

実は迷惑だと思っていた・・・・

等々いくらでもありますね

この事を「アドラー心理学」では

「承認欲求」や「課題の分離」

として説明しています

例えば

「子供が勉強しない」

この「勉強する」という課題は誰の課題なのか

親が代わりに勉強しても意味がないことは明白で

間違いなく、これは子供の課題

そして親の課題と子供の課題を分離し

子供の課題には踏み込まないことだと

最終的に子供が勉強しないことによる責任を

誰が引き受けるのかと考えることが

誰の課題かを見分ける一番シンプルな方法だとされます

子供の課題に勝手に踏み込み

親は当然のようにこう言う

「あなたのためを思って」

はたしてそうだろうか

結局は

世間体や見栄

おじいちゃん、おばあちゃん、パパの手前

その誤魔化しを察知するから

尚更子供の反発を招くことになる

次に

「引きこもり 鬱」などの場合も

アドラー心理学は

課題の分離で説明している

子供が引きこもりから抜け出せない場合

これは「子供の課題」だと捉えます

決して「親の課題」ではない

ところが殆どの親は

子供の課題まで自分の課題だと思い抱え込む

子供も独立した存在であり

親の思い通りにはなりません

親の期待を満たすために

生きているのではないのですから

自分の希望や無駄な心配を押し付けること

それは「介入」であり

ストーカーと同じだと説明しています

もちろん

「貴方の人生なんだから勝手にしなさい」と

突き放した放任という態度を取れということでは決してなく

困った時の受け皿になる信頼関係と

援助をする用意があるという姿勢を

日頃から作っておく必要はあります

この親の態度と覚悟に

子供は自分の課題だと考えざる得なくなり

自力で生きていこうと考える可能性がでてきます

決して

先回りして子供の課題に土足で踏み込まない事

頼まれもしないのに

口出しや介入をしてはいけないとされます

シンプルで分りやすいですね

それでは今週出たカードは

小アルカナの「Ten-of-Cups」

今週は

暖かい日常に気付きそうです

幸せ〜と思える瞬間に出会えそう

何げない日常に感謝する事や

目の前に居る人との繋がりを実感できそうです

私自身大好きなカードで

「ほっこり」という言葉がピッタリのカード

派手な1週間ではありませんが

自分のいる場所の安定感を再認識させてくれる

とても大切な1週間となります

是非この1週間は

日々をしっかりと味わってください

出来ることなら

一番身近な方との繋がりを意識しながら

未来を語り合ってください

これからの夢を膨らませてください

ワクワクしながら1週間を過ごしていただけると

満足のいく週となりそうです

小さな幸せと満足を積み重ねてください

それでは

今週も張り切って生きましょう

****************************************************************
マクラメ編みアクセサリーの 【作成レシピ】
ダウンロードはコチラのページから↓↓↓

マクラメ編みアクセサリーの 【作り方動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA