病は 氣から!!

こんにちは

昨日も沢山の方に来ていただきました

セールを開催しているという事もあるでしょうが、

そんな事とは無縁の方まで・・・

3年ぶりですか!!

というお客様にも来ていただいたりとバタバタとした日となりました

これからの励みになりますので下記のリンクをクリックしていただき

「ポチッ」応援クリック宜しくお願いします☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ

それにしても、

横浜市「大口病院」の異物混入事件・・・

とんでもない事になっています・・・

報道によると、毎日何人も亡くなる方がいて、

亡くなる方が多かった原因として、

重症患者を積極的に受け入れしていたからだと・・・

この事件は、

異物を混入した犯人はもちろんいるのですが、

この犯人や病院の体制だけの問題ではなく・・・

今まさに私たちに突き付けられている課題。

高齢化と介護の問題です

男性の平均寿命が80.79歳、男性も80歳を超えてきました

女性の平均寿命が87.05歳

昨年、百歳以上の方が、6万1568人です!!!

平成元年が3,068人ですから、約20倍!!!

100歳を超えている元気なお年寄り!!

という事で当時大人気だった、

きんさん、ぎんさん!!

今なら、ここまで話題にならなかったかもしれませんね

では平均寿命に対して、

健康寿命は男女ともに何歳なのかというと、

男性で、70.42歳、女性で、73.62歳という結果があります

「健康寿命」とは、

「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活ができる期間」

と定義されています

この約10年程の差が、

誰かの手助けをかりないと、

日常生活が制限されているという事です

それに対して、

今年の2月に総務省が発表した、

27年度の国勢調査の概要として、

2010年度から94万人減の初の人口減少という発表もあります

10年のグレーゾーンを含めた平均寿命は延長され続け、

人口は減少していく・・・・

単純に考えると、

おじいちゃん、おばあちゃんが長生きし、

そして亡くなっていく過程で、

新しく産まれてくる赤ちゃんが少ないという事です

このような背景で、

健康寿命と平均寿命の差、約10年、

だれが高齢者の手助けをするのか!?

当然今回の横浜市「大口病院」のような、

重症患者を積極的に受け入れてくれる病院の存在が、

介護をされる側と、

介護をする側に便利な場所になってきているのかもしれません・・・

25年度の医療費が40兆円を超え、

介護費用額も9兆円を超えてきました

そして、生涯医療費が2,600万円と言われ、

今のシステムでは、

この額は年々増加していきます

では、私達に出来る事は何なのかいうと、

社会保障制度の見直しや待機児童の問題を声高に訴える事・・

それも必要です!!

ですが、私達個人レベルで「今」「今日から」出来る事と言えば、

病気になりにくい身体作り!!

病は氣から

まさにこの言葉に集約されています

何十年も休むことなく動き続ける私達の体

当然、ガタもくれば、

時には修理が必要な時もあります

如何なる状況でも、

心まで病む必要は無いという事です

個人的な事ですが、

私の父親が人間ドックで再検査が必要な項目が見つかりました

前立腺のPSA値が基準値の倍以上・・・

血便による大腸の再検査で約2から3センチのポリープの発見・・・

この1ヶ月毎週お休みを利用して、

父親の病院に付き添っています(笑)

お互いヘトヘトになりながら、

まだ少し続きそうですが、

ようやく最終的な結果がでそうで、ほっとしております

先週は前立腺MRIの結果と生検検査の日でした。

主治医の話しでは、MRIでは癌は見つかりませんでしたが、

下がったとはいえ、7.29のPSA値では、

10%から20%の人に癌が見つかりますと・・・

父親は、それなら、この際・・・

どの際か分りませんが・・・(笑)

全部検査しましょう!という事で、

生検検査まですることになりました

私はやった事がありませんが、

どう考えても痛そうなので、

MRIで癌が見つからなかったんだから、

いいんじゃない!!と思っていたのですが、

父親は天性の前向きというか、

考えていないのか、超ポジティブなのか・・・

私は、病室の外で、

生検検査のバチンバチンと大きな音がするなか、

父親の唸り声を聞きながら待っていました

結果は来週ですが、

父親なら大丈夫でしょう!!(笑)

病は氣から。

現状がどうであれ、例え身体の不具合が生じていたとしても、

心まで病む必要はありません

目の前の事をまず受け止め、

それをポジティブに変換していく!!

これが、全てであるような気がします

その為には、

毎日の少しの運動と正しい食事かな

それでは、今日も1日張り切って生きましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする