うまくいかないのは・・・誰のせい!?

先週の金曜日に出たカード

何度も見たくはないのだが

ようやく明日で抜ける・・・

この1週間

皆様は如何だったのだろう

私個人的には

長く暗くまさにこのカードのような1週間

イライラから始まり

不安と孤独に苛まれ

日々を何とか過ごしていた

何か大きな出来事があった訳でもないのだが

日々の積み重なった感情のコントロールが

限界に達していたのだと考えている

タロットカードに限らず

占いというものは

当たった

当たらなかったという短期的な未来を

予想するだけでは面白くない

短期的には当たっていると大喜びしたところで

少し引いて観察してみると

真逆にすすんでいたということもありえる

実は当たらなかった方がよかったという場合もある

ここが面白いところで

実はどのように捉えるかは

本人次第ということになる

何か衝撃的な事件が起こった時に必ず

専門家が話す言葉に

両親の離婚や幼少時代の不遇な経験があげられる

確かに両親の離婚は

子供の心に大きな節目をつくる

親からの虐待もそうだ

暴力もそうだが暴言も後々まで

心に重くのしかかる記憶となる

両親の商売の失敗による環境の変化など

どのような事象であれ

自我が未熟な

子供にとっては衝撃的な出来事になり

世間ではトラウマと呼ばれている

しかし

このような一般的に見て不遇だと思えるような

幼少時代を過ごした子供

全てが

後々まで不遇な人生を送っているのかといえば

そうではない

成功物語と呼ばれる話に登場する人物は

全てといっていいほど

逆境をバネに変えてのし上がっている

もしよろしければ 「ポチッ」と⇒ブログ村 開運カウンセリングの応援クリックを宜しくお願いします☆

この差は一体何なのか

それが捉え方

簡単に表現すると

考え方の癖とも呼べる

私は両親が離婚したせいで

辛い思いをしながら育った不幸な人間なんだ

俺は親から可愛がってもらえず

辛い子供時代を過ごした可愛そうな人間なんだ

例えばこのように捉えることもできる

もっともこのような単純な思考ではなく

もっと複雑に絡み合った思考から

うみだされる感情だとは思うが

いつまでも

このような感情に支配されながら過ごす事もできる

厄介なことに

本人には支配されているという意識はなく

思い通りにならなくなってきた時や

逃げたくなってきたときに

この感情を引き合いにだしてくることだ

大人になっても社会に馴染めず

引きこもり状態が続く方に

両親の離婚などの原因がある場合も多い

この場合は

親からの愛情不足という思考を

引き合いにだし

引きこもることで親からの心配という

愛情を満たすために「引きこもり」という

手段で自分の感情を満たしている事も多くある

かなり強めの言い方をすると

今のうまくいかない状態を

何かのせいにしたい

誰かのせいにしたい

ということだ

昨今の行き過ぎた責任追及

この裏には

ほくそ笑んでいる大勢の人間がいる

パワハラ

セクハラ

暴力監督

ブラック企業

責任追及される側に

自分自身のうまくいかない状態を

かぶせてしまえばいいことになる

もっとも根性が悪いのは

それに便乗する人間が山のようにいることなのだが

明日から6月

そして「甲子」という日

「隠遁」(いんとん)と

「陽遁」(ようとん)が切り替わる日となり

1年の中で

氣の流れが変わる境目の日となります

今がどのような状態であれ

捉え方一つで

物事の進み方が変わってきますので

是非明日から気持ちを入れかえて

張り切って生きたいですね

(写真著作者: Johannes Plenio)
****************************************************************
マクラメ編みアクセサリーの 【作成レシピ】
ダウンロードはコチラのページから↓↓↓

マクラメ編みアクセサリーの 【作り方動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA