朱に交われば赤くなる

今日は台風が接近しているというのに・・・

朝から沢山の方に来ていただき

本当に有り難うございました

K2ブレスをご購入いただいたお客様

いつも本当に有り難うございます

次回はキラッキラのルチルブレスでしょうか・・・

写真の石は

世界で美しいアメジスト産地として有名な

メキシコのベラクルス産アメジスト

透明感と紫の濃淡が美しい原石です

なんと!!

はっきりとファントムが確認できる珍しいタイプです

このベラクルス産アメジストを

ネックレスにしたいと

ご購入いただいたお客様も台風の中

いつも本当に有り難うございました

頑張ってこの子のエネルギーが増幅するように

編みたいと思います

そして先日から

連日マクラメ編み教室を開催しておりますが

その様子はAYAさんがブログで紹介しております

もしよろしければ 「ポチッ」と⇒ブログ村 開運カウンセリングの応援クリックを宜しくお願いします☆

「朱に交われば赤くなる」

=同調と言い換える事ができます

本心ではないにも関わらず

周りに合わしてしまう行動や意見を

言ってしまう事があります

少し捉え方が違いますが

営業というお仕事をされている方であれば

商品を販売する為には必要なテクニックですね

「お客様にはピッタリです!!」

「バッチリ似合ってます!!」

等々・・・

本心はどうであれ・・・

僕の場合はどうも苦手で・・・

ハッキリと言ってしまう事も多く

好き嫌いを激しく振り分けてしまうところが・・・

心理学の世界では

多くの同調の実験が行われており

集団から孤立する事

逸脱する事を恐れて

多数派の圧力に属する事があるとされます

他者から得た情報を

自分の基準として受け入れる事を「情報的影響」

自分の価値判断というよりも

多くの他者が基準としている事に

合わせておいたほうが得策ということです

また

他者に背くことを恐れ

自分の立場を他社に合わせていく事を

「規範的影響」と呼ばれ

これも同じようなもので

背くことでの

今後の影響を考えると

合わせておいたほうがベストだと判断することです

どちらも社会生活を営む上では

時と場合に応じて

必要な事ではあるのですが

これが日常生活を過ごす上での

判断基準になると

「貴方はどこにあるの!?」

ということになる危険性があります

それでは駄目なのか!?

他人に合わす人生では駄目なのか!?

人の機嫌を取りながらの人生では駄目なのか!?

これは誰にも分かりません・・・

本人がそれでよしとするなら

別に構いやしません

この20年

インターネットの普及により

多くの事が劇的に変わりました

生産から問屋を通って

消費者へと届けられていた商売の流れは

生産者から直接消費者へという流れに

ガラッと変わり

あらゆる情報は24時間

家の中で取捨出来るようになり

言ったもん勝ち

やったもん勝ち

自由や個性という言葉に後押しされ

SNSの普及に同調される形で

多くの方が個人レベルでの

情報を発信する時代となりました

権利を振りかざすことが正当化され

そこにある大切な義務が置き去りにされていることを忘れて・・・

大切な発達段階を過ごす少年時代

学校の存在自体が大きく変化しています

僕たちの時代は

学校の先生に怒られると

必ず親から

「あんた!!何をしたんや!!」

と親から更なる追い打ちをうけたものでした

家で聞き分けが悪いと

学校の先生に怒ってもらおうと!!

先生と親との信頼関係が成り立っていました

ところが今は学校の先生が

生徒や親に同調する時代

生徒の頭を叩こうものなら

その後の影響が飛躍して進み

世間から吊るし上げになる時代です

安倍内閣も第3次改造内閣を発表しましたが

既に重箱の隅をつつくような

マスコミの報道が流れています

これでは政治家は

マスコミに叩かれないように

ミスを指摘されないように

同調して当たり障りのない発言を選択するはずです

本人の人間性は隠れ

仮面をつけた世間のコピーが蠢いている社会・・・

おぞましい光景です

ただこれは

おかしい事ではありません

ごく当たり前の現象です

8割の方が同調を選び

2割の方が自身の主張を選びます

その2割の中のまた8割が

出来上がった集団との同調を選び

2割の中の2割が

義務を果たした上での

権利と自立した考え方

一貫性を貫ける人だという事になります

その中のまた・・・

キリがありませんね

自分が所属する会社や団体で

上手く付き合う為には

表面的同調は必要ですが

他者や社会に安易に同調しない

自分の原理原則に従った決断や

行動する態度を失う事はもったいないと思いませんか!?

もしよろしければ 「ポチッ」と⇒ブログ村 開運カウンセリングの応援クリックを宜しくお願いします☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。